【連載】5000人の島に夢のセンバツ切符

「の」の字で挑む 大崎甲子園初出場(上)

 人口約5千人の大島(長崎県西海市)から、19日開幕の第93回選抜高校野球大会に初出場する大崎。就任3年目の清水央彦監督(50)はチームの成長をこう描いていた。「『の』の字を書くように大きくしたい」。球音が島を活気づけ、応援の輪を広げ、それを力にさらに強くなる-。そしてつかんだ甲子園。島にぐるりと広がった...

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR