気象予報士、12歳にサクラサク 小学生で九州初

 合格率5・5%の難関国家資格、気象予報士の試験に、福岡市早良区の西新小6年、島田有吾さん(12)が九州の小学生として初めて合格した。平日2時間、休日5時間の勉強で高校レベルの数学や理科の基礎を身に付け、気象の知識を深めた。4回目の挑戦で突破し「いつかテレビで予報したい」と張り切っている。

 試験を実施した気象業務支援センター(東京)によると、小学生の合格は2017年の北海道の女子児童に続いて2人目。12歳0カ月での合格は最年少の女児と約1カ月の差だった。

 気象に興味を持ったのは幼稚園の時。母の奈瑠美さん(40)と天気予報を見て、翌日に着る服を決めるのが日課だった。ある朝、空を見上げると予報と異なり雨の予感がした。傘を持っていき「正解」だったのがうれしく、予報が好きになった。

 小学2年でテレビ局を見学し、気象予報士が実際に使う精緻なデータを見せてもらい、「君もなったら」という言葉に背中を押された。4年の3学期から通信講座のDVDで勉強を始めた。5年で初めて試験に挑戦。あきらめずに学び続け、過去の問題を解いては、シンクタンク勤務の父、龍さん(41)や奈瑠美さんにも解説した。「宿題より楽しかった」という。

 今年1月、小学生最後となる4回目の試験に挑戦。今月12日に合格証明書が届いた。4月からは地元の中学校に進学し、放送部で話術に磨きをかける予定だ。現在は、台風のデータ分析に取り組む島田さん。「これからは試験に関係なく、勉強したい」と笑顔を見せた。

(水山真人)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR