コロナの悪影響、2月はやわらぐ 九州・沖縄の企業調査

 帝国データバンク福岡支店が16日発表した新型コロナウイルスに関する九州・沖縄企業の2月の意識調査で、業績に悪影響を見込む企業は前月から2・0ポイント減の73・1%となり、2カ月連続で減少した。緊急事態宣言の再発出で飲食店の営業時間短縮などが要請されたが、昨年の宣言よりも要請内容が緩和されたことが原...

PR

経済 アクセスランキング

PR