熊本の「鬼滅」聖地に木製銘板 「全集中した」地元中3が揮毫

 人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の主人公竈門(かまど)炭治郎と名前が共通する熊本県和水町の竈門菅原天満宮に17日、木製の銘板が設置された。

 地元関係者だけが参拝する小さな天満宮だったが、作品のヒット以来、コスプレ姿の鬼滅ファンが急増。住民が絵馬を作って対応するなど、ちょっとした鬼滅ブームに。一方で、境内に名称の表示がなかったため、地元の建設会社熊野組が工事で伐採したクスノキの提供を申し出て実現した。

 揮毫(きごう)は近くの菊水中3年の女子生徒3人に依頼。この日、練習を繰り返し、1時間がかりで書き込んだ3人は「書き直しができないので、全集中しました」。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR