内村「ジョイカル」と所属契約 24年3月まで

 五輪の体操男子個人総合を2連覇中で、種目別鉄棒に絞って東京五輪を目指す内村航平(32)=長崎県諫早市出身=は17日、都内で会見し、同日付で自動車販売などを手掛ける「ジョイカルジャパン」と所属契約を結んだと発表した。所属名は「ジョイカル」となる。

 内村は「自分にコロナ禍がふりかかってくるとは思ってもみなかった。どの業界も大変な思いをしている中、アスリートに支援していただいて非常にありがたい」と感謝した。

 2016年にプロ転向し、17年から故郷長崎が創業の外食チェーン「リンガーハット」の所属だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で同社の業績が悪化し、20年末で契約を終了。個人スポンサーのジョイカルジャパンが所属先として名乗り出た。

 契約期間は24年3月までの3年間。同年にはパリ五輪も開催されるが、「そこに向けては分からない。正直、体がボロボロになっていて、明日どうなるか分からない状態。体操は好きなので、ずっとやりたい気持ちはありますけど」と話した。 (伊藤瀬里加)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR