建設会社役員射殺、工藤会組員に懲役21年判決 福岡地裁

 北九州市小倉北区で2011年に建設会社役員が射殺された事件や市民襲撃事件に関与したとして、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)の罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会系組員、松田洋典被告(46)に対し、福岡地裁(神原浩裁判長)は17日、懲役21年(求刑懲役25年)の判決を言い渡した。

 判決によると、松田被告は工藤会幹部らと共謀し11年11月、同区の会社役員内納敏博さん=当時(72)=の自宅前で拳銃を発砲し殺害。さらに会のトップで総裁の野村悟被告(74)=殺人などの罪で公判中=の指揮命令に基づき、12年4月に同市小倉南区で元福岡県警警部を銃撃したほか、13年1月には福岡市博多区で看護師の女性を刃物で刺し、殺害しようとした。

 判決理由で神原裁判長は、各事件での被告の役割について、役員射殺事件では配下組員に被害者の行動確認を指示し、元警部銃撃事件と看護師刺傷事件では犯行に使われた道具の調達や処分を担ったと認定。その上で「首謀者や実行犯らに比べ数段落ちるとはいえ、各事件の円滑な遂行に欠かせない役割を果たした」と結論付けた。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR