回答時間22分の重み 竹次稔

 回答時間の平均は22分だった。西日本新聞「あなたの特命取材班」など読者参加型の報道に取り組む全国の地方14紙が連携し、原発などについて尋ねた2月のアンケート。約6200人に達した回答者のデータである。

 今後の原発のあり方など14項目を問い、同じような連携調査で回答は最多となった。結果は「『脱原発』の声(82・3%)強まる」(3月1日付朝刊)などと報じた。同様の調査だと回答時間は長くても10分ほど。質問項目も従来より多かったが、時間を費やしても回答しようという意思が感じられ、関心の高さを推し量る重要な指標と感じた。

...

関連記事

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR