米中、人権・経済巡り激突 外交トップ、初の直接会談

 【ワシントン金子渡、北京・坂本信博】米国、中国の外交トップによる会談が18日(日本時間19日)、米アラスカ州アンカレジで始まった。ブリンケン米国務長官が、新疆ウイグル自治区や香港、台湾などを巡る中国の行動に「深い懸念」を表明したのに対し、楊潔〓・共産党政治局員は「内政干渉だ」と激しく反発。安全保障や人権、経済問題について双方が公開の場で1時間以上も批判し合う異例の展開となった。

 今年1月のバイデン米政権発足後、米中の直接会談は初めて。19日までの予定で、米国はサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、中国は王毅国務委員兼外相が同席した。

 ブリンケン氏は冒頭、新疆などの問題に加え、米国へのサイバー攻撃や同盟国に対する経済的圧力を挙げ「これらの行動は世界の安定を維持するための、ルールに基づく秩序を脅かしている」と批判した。

 一方、楊氏は「(台湾などは)国内問題で、内政干渉には断固として反対する」と反論。「米国は国際世論を代表しているのではない。中国には中国流の民主があり、米国流の民主主義を推し進めるのをやめるべきだ」とやり返した。

 米メディアによると、会談は冒頭の数分だけメディアに公開される予定だったが、双方が自国の立場を主張しつつ相手を非難する応酬が過熱し、いったん退室した記者を呼び戻すなど公開時間を延長。「新冷戦」とも呼ばれる米中対立を改めて浮き彫りにした。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は定例会見で、米側の冒頭発言について中国の国内政策や外交を攻撃して対立を引き起こしたとして「外交儀礼に反する」と非難した。

 経済面などでの関係改善を図りたい中国側は今回の会談を「ハイレベル戦略対話」と位置づけて定期開催を求めているが、米政府高官は「1回限りであり、互いの関心事を理解するためのもの」と否定している。ブリンケン氏は15日から日本と韓国を訪問。同盟国と対中政策について緊密に協議した上で会談に臨んだ。

〓は竹カンムリに后の一口が虎

関連記事

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR