福岡が8割超占める 新型コロナ九州の1週間

 九州7県では12~18日の1週間で、新たに293人(前週比1人減)の新型コロナウイルス感染が確認された。8割超を福岡が占めた。同県は飲食店への営業時間短縮要請を21日までで解除するが、会食は少人数で2時間以内とするよう呼び掛けている。

 福岡は連日、陽性者が確認され、前週比33人増の250人。医療機関や高齢者施設のほか、カラオケ喫茶、法事などで感染が広がった。宮崎は2日以降、新規感染者ゼロが続いている。

 死者は計16人。県別は福岡13人、佐賀、長崎、熊本が各1人だった

 

PR

社会 アクセスランキング

PR