延岡学園・花岡、73キロ級V 柔道高校選手権

 得意技を武器に頂点まで駆け上がった。73キロ級の花岡は九州対決となった田中龍雅(佐賀商)との決勝は指導2の優勢勝ちながら、6試合中4試合が内股での一本勝ち。「内股は中学から磨いてきた」と声を弾ませた。

 男子日本代表の井上康生監督の美しい内股を理想としている。「本当に格好良すぎて…。相手がきれいにフワッと浮く感じが好き」。練習前に映像で井上監督の技の研究することが日課だ。

 北九州市出身で、同市の足立中3年時に全国中学校大会で3位に入った。「(襟や袖を)持ってすぐに技をかける柔道にひかれた」と延岡学園に進学。今大会は昨年も出場権を得ていたが、中止となった。「次、ここに来たら絶対優勝してやる」との思いを胸に稽古に励んだ1年間。春の頂点に立ち「まずは最後の全国総体を絶対取って、そこからは世界一になりたい」と力強く語った。 (伊藤瀬里加)

宮崎県の天気予報

PR

宮崎 アクセスランキング

PR