重度訪問介護の利用低調 財政懸念、認可及び腰

 常に介護が必要な障害者の生活全般をサポートする「重度訪問介護」の利用が思うように進んでいない。地域で1人暮らしをしたり、家族とともに過ごしたりするのに欠かせない制度だが、地域間の差も大きい。背景に浮かぶのは、自治体側の財政負担への懸念や事業所の不足。支援者や当事者は「必要な人が誰でもどこにいても利用できるようにすべきだ」と指摘する。...

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR