福岡、九州ダービーで進歩証明 好調鳥栖を零封、初の勝ち点1

 ◆明治安田生命J1第6節 鳥栖0-0福岡(21日・駅前不動産スタジアム)

 好調の難敵に意地を見せ、ドローに持ち込んだ。5年前は2戦2敗と完敗した鳥栖との九州ダービーで、福岡が初めて勝ち点1を得た。

 攻撃陣が放ったシュートはわずか2本。前半はボランチ、後半はトップ下で攻撃に絡んだ重広は「勝ち点1は悪くないが、自分が質高くカウンターを決められたら勝てた」と複雑な表情で振り返った。J2だった昨季は前半を無失点に封じ、後半に点を奪う「必勝パターン」を確立した。この試合も後半に攻勢を強める時間帯もあったが、ゴールは遠かった。FWの山岸は「そこで点を取って勝ったのが昨年。J1でも勝てるようにならないと」と受け止める。

 それでも長谷部監督は「持っている力を出そうとしたし、出せた部分もあった」とうなずいた。17日の鹿島戦から2試合連続無失点に封じ、序盤に点を与えて黒星につながった開幕直後の戦いから進歩を見せた。九州のライバルに見せた粘り強い戦い。目標のJ1残留、定着へ、明るい兆しがのぞいた。 (松田達也)

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR