「九州対決」22日に順延 〝水入り〟九州・沖縄勢は 選抜高校野球

 第93回選抜高校野球大会第3日は21日、雨のため大崎(長崎)と福岡大大濠の「九州対決」など予定された3試合が22日に順延された。

 両校は甲子園の室内練習場で大崎が勝った昨秋の九州大会決勝の再戦に向けて約2時間の調整を行った。21日に試合が予定されていた具志川商(沖縄)、明豊(大分)も室内練習場で調整した。第4日以降も1日ずつ順延となるため、決勝は4月1日に行われる。

〈具志川商〉夢舞台「何もかもが新鮮」

 具志川商は順延を“恵みの雨”と捉えた。粟国主将は「目の前に甲子園のグラウンド。夢と思うくらいで、みんなでほっぺたをたたきました。自分も痛かったです」とニッコリ。室内練習場で野手陣はティー打撃やノック、投手陣は先発予定だった新川らが投球練習をした。甲子園練習がなかっただけに、喜舎場監督は「何もかもが新鮮で球場を見て選手も目の色が変わった。順延をプラスに捉えて、うちらしく試合に入れると思う。モチベーションは上がる一方です」と前向きだった。

〈福岡大大濠〉昨秋の雪辱「今度は勝つ」

 福岡大大濠ナインは宿舎を出発する直前に雨天中止の知らせを聞いた。川本主将は「がっかりしたけど、グラウンド状態を考えると仕方がないです」とすぐに気持ちを切り替えた。むしろ初めての甲子園をベンチから眺める機会を持てたことで、選手のモチベーションはさらに高まったという。「甲子園を見て、みんなが笑顔で明るい雰囲気になりました」と八木監督も手応えを感じている。室内練習場では打撃を中心に汗を流した。川本は大崎との再戦に向け「今度は勝ちます」と言葉に力を込めた。

〈大崎〉聖地で調整「高揚感がある」

 大崎ナインが初めて甲子園に足を踏み入れ、室内練習場で調整した。甲子園のフィールドを目の前にして「目標にしていた甲子園でプレーできると思うと、高揚感があります」と秋山主将は夢の舞台に感激していた。室内練習場ではティー打撃など打撃中心で、投手陣は軽いキャッチボールを行って九州対決に備えた。「うちは地元の方の協力なくして成り立たない。頑張って、皆さんに納得していただける試合をしたい」と清水監督は地元の期待に応えることを誓った。

〈明豊〉雰囲気知り「有意義な一日」

 明豊は昨夏も甲子園で行われた交流試合に出場したが、その舞台を経験したのは2人だけだ。川崎監督は「球場の雰囲気を見られたので有意義な一日になった。球場に来られたので落ち着いて試合ができると思う」と順延をプラスに捉えた。冬の練習で選手層も厚くなっており「投手陣を含めて秋とは違う新しいチームというスタンスで臨みたい」と指揮官は自信を見せる。幸主将は「明豊の粘り強い野球を見せたい」と誓った。目標の日本一へ向けて一歩を踏み出す。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR