参道の階段が3カ所に 高浜虚子の歌碑も【曩祖八幡宮・飯塚市】

※記事は2019年8月4日付本紙朝刊から。文中の年齢、肩書、名称などの情報はすべて掲載当時のものです※

 飯塚山笠のスタート地点として知られる飯塚市宮町の曩祖(のうそ)八幡宮。社務所などの老朽化が進み、今秋からは「令和の大改修」が計画されている。そもそもどのような神社なのか、歴史を探った。

 本町商店街近くの路地を歩くと、鳥居があり、参道の階段を上ると、拝殿が見えた。「その参道は飯塚天満宮に向かうためのものです」。八幡宮の清掃などに取り組む「壇の上会」の会長で郷土史家の男性が教えてくれた。飯塚天満宮?

 1906年の神社合祀(ごうし)令により、各地から神社が集められた。今では境内には八幡宮だけでなく、飯塚天満宮、祇園宮、若光稲荷神社など計12社がある。八幡宮と祇園宮へ向かう参道の階段もあり、男性は「参道の階段が3カ所にあるのは珍しい。他にも見どころはありますよ」。

 社記によると、「元和年中(1620年頃)里民神殿を造営す」とある。「曩祖」とは、祖先の意味があるという。

 境内を歩くと俳人の高浜虚子の歌碑があった。1958年に次女の立子(星野立子)と八幡宮を参拝した。その後、長男の年尾も飯塚を訪れている。立子と年尾の歌碑も建立されていた。

 数多くの絵馬も奉納されており、福岡藩初代藩主の黒田長政とその家臣を描いた「黒田二十四騎図絵馬」もその一つ。縦2・15メートル、横1・49メートルで市有形文化財に指定されており、寄託した市歴史資料館で見ることができる。

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR