3.11の無力感バネに続けた「つながる支援」 心の隙間埋めた10年

 東北沿岸を襲う津波や火災をテレビで見てぼうぜんとなった。「想像を超えた衝撃で身も心もすくんで動けなかった」。佐賀県鹿島市の支援団体「ボランティアDIWA(ディーワ)」代表の風間扶美子さん(57)は、東日本大震災にじくじたる思いがあった。あの時の無力感をバネに、被災地を支え続けながら「人とつながる支援」を...

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR