何かある! 阿蘇の長目塚古墳、初レーダー探査

 熊本県阿蘇市の県指定史跡・長目塚(ながめづか)古墳(4世紀末~5世紀初め)で22日、内部構造を解明するための地中レーダー探査があった。東北大東北アジア研究センターの佐藤源之(もとゆき)教授(電波応用工学)のチームが実施した。同古墳でのレーダー探査は初めてで、後円部の上部に「変異部」が観測された。

 長目...

残り 453文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR