上野「福島での五輪へ使命」ソフトボール代表選出

 日本ソフトボール協会は23日、オンライン会見で東京五輪女子日本代表の15選手を発表し、2008年北京五輪でバッテリーを組んで金メダルに貢献した上野由岐子(ビックカメラ高崎)と峰幸代(トヨタ自動車)=いずれも福岡市出身=が選ばれた。

 ソフトボールは3大会ぶりに実施競技に復帰する。上野と並ぶ二枚看板と期待され、投打「二刀流」でも注目される藤田倭(ビックカメラ高崎)=長崎県佐世保市出身=も入り、内野手の内藤実穂(同)=佐賀女子高出身=と川畑瞳(デンソー)=鹿児島市出身=らも選出。北京五輪にも出場した山田恵里(同)が主将を務める。

 競技は五輪開幕2日前の7月21日に全競技を通じて最初に福島県営あづま球場で始まり、日本はオーストラリアと開幕戦を戦う。両国と米国、カナダ、イタリア、メキシコの6カ国で総当たりの1次リーグを実施し、1、2位が27日に横浜スタジアムでの決勝に進む。24年パリ五輪では再び実施競技から除外される。

「やるからには、ベストパフォーマンス

 13年ぶりの大舞台にエース上野の表情は引き締まった。コロナ禍で五輪開催への不安が根強く残る中での自国開催。「五輪をやって良かったなと全国民に思ってもらえるような試合にしたい。そう伝えることができるのがスポーツの力だと思う」と責務を口にした。

 2008年北京五輪では2日間計413球を投げ抜き、五輪初制覇を果たした。この日、宇津木監督が「上野投手を中心としたソフトボールをやる」と明言したほど、今大会も浮沈の鍵を握る大黒柱。「正直、もう一度五輪の舞台に立つとは思っていなかった」とかみしめたチーム最年長の38歳は「やるからには後悔したくない。今やれるベストパフォーマンスでやりたい」と経験に裏打ちされた投球術で臨む。

 復興五輪とうたわれる東京五輪。東日本大震災から10年の節目に被災地でもある福島で全競技のスタートを切って戦う。「何のために福島で五輪が行われるのか。白黒(勝敗)だけではなくいろんなものを伝えられるかという、大事な使命を受けている。どの角度からみても大事な一戦になる」と特別な思いを口にし、集大成の戦いを見据えた。

(末継智章)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR