東福岡「食育」で戦力底上げ 全国高校選抜ラグビー25日開幕

 コロナ禍で昨年中止になった全国高校選抜ラグビー大会が25日、埼玉・熊谷ラグビー場で開幕する。5年ぶりの優勝を目指す東福岡は初戦で黒沢尻北(岩手)と対戦。昨春に入学して昨秋から専門家と食育に取り組んできた1年生がレギュラー争いに加わり、戦力を底上げして熊谷に乗り込む。

 毎年全国大会で上位に名を連ねるが、優勝は2016年度の全国高校大会が最後。藤田雄一郎監督が「練習では限界がある。食事や休息についても、より専門的に取り組む必要がある」と考えていた昨秋、選手を食事面でサポートする「日本アスリートフード協会」からの提案で食育に力を入れ始めた。将来有望な1年生5人に同協会認定のアスリートフードマイスターがつき、面談などを通じて不足している栄養素やお薦めの食材などをアドバイス。5人は学んだ知識を仲間に伝え、チーム全体の意識も高めている。

 フランカーの大川虎拓郎(1年)は好みではなかったレバーやフルーツも食べるようになり、昨年10月に83キロだった体重は今年3月には90キロに。増量した一方で運動量はFWでチーム一を誇り、藤田監督は「今年のFW陣は平均体重が100キロ近くでいい選手ぞろいだが、レギュラー争いに割って入っている」と成長ぶりに目を細める。

 今大会は1週間で最大5試合戦う。藤田監督は「戦術だけでなく、食事を含めた補給と休養も大事になる」と捉えており、疲労回復を促す食材などを摂取しながら過密日程で勝ち抜くつもりだ。

 (末継智章)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR