対カラス「音声攻撃」効果てきめん 熊本市、市街地から激減

 熊本市は、佐賀大などと協力して実施していた中心市街地のカラスを追い払う実証試験について、ねぐらの周辺で特殊な音声を約1カ月間流した結果、市街地からカラスが激減したとの調査結果を公表した。市は、市街地でのねぐら形成防止に有効性が高いとして、来季も同様の対策を実施する。

 熊本市の中心市街地では数年前から、越冬のために飛来しているミヤマガラスのふん害が深刻化。市は佐賀大や民間企業と協力して、昨年12月から約1カ月にわたり、ねぐらとしていた花畑公園(中央区)のクスノキに向けて、カラスが仲間に警戒を促す声を独自に合成した特殊な音声を流すなどしていた。

...

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR