ひるまず、諦めず…語り継がれる不屈の闘志

 「平成の三四郎」がバルセロナ五輪で見せた不屈の闘志は今も語り継がれる。24日、53年の短く濃い人生に終止符を打った古賀稔彦さんを関係者が悼んだ。

 1992年の同五輪直前に吉田秀彦さんとの稽古で左膝を負傷。歩けないほどの大けがで当時男子代表監督だった上村春樹・講道館館長(熊本県宇城市出身)は「神様が付いていたとしか言いようがなかった」と奇跡の金メダルを振り返った。上村館長が驚いたのは周囲への気配り。落ち込む吉田さんを「先に技をかけてちゃんと勝ってこい」と励まし、優勝を見届けた。「帰国後(古賀さんの)胃に穴が開いていた。ストレスを見せず、周りに気を使う。指導者としても期待していたが…」と悔やんだ。

 講道学舎時代から指導し、同五輪もコーチとして同行した吉村和郎さん(熊本市出身)は中学1年の古賀さんに勝負への執念を見た。「初めて絞め技をかけられると普通は泣くが、絶対に参ったをしなかった。バルセロナも痛いとは言っても、できないとは一度も言わなかった」。闘病中にも連絡を取り「逆境に強いのだから頑張れと伝えていたのに」と絶句した。

 けがをした当時、制限の71キロまで5キロ近く減量が残っていたという。試合まで11日。同五輪の男子95キロ級代表だった甲斐康浩・東海大甲府高柔道部長は「全く体が動かせない中、飲まず食わずの減量をされた」と不屈の精神に感服した。

 90年の全日本選手権では決勝で小川直也さんを追い詰める準優勝。軽量級の小柄な体で大きな相手にもひるまなかった。福岡市で開催される金鷲旗では世田谷学園高(東京)2、3年時に大将を務めて2連覇を達成。3年時の決勝。1学年下だった甲斐部長は東海大五高(福岡)の大将として対戦した。「いかに技をかけられないかで必死」。2年時の決勝で大将同士の闘いを繰り広げた東海大相模高(神奈川)出身の多田隈和博・福岡県柔道協会理事は「別格の存在だった」と強さを振り返った。

 「鳥栖少年柔道会」(佐賀)に古賀さんと共に通った天本文雄さんは「練習が終わった後、兄の元博さんと一緒に一本背負い投げの練習をしていた」と代名詞の原点を語る。

 古賀さんは昨年11月、福岡県八女市の福島高で講演した。青い柔道着姿で登壇し、「夢に向かって努力すること」の大切さを語った。同県の糸島高教諭である元博さんは関係者からのお礼を古賀さんに伝えた。「おおっ」。素っ気ないやりとりが兄弟の最後の会話となった。「最後まで弱いところは見せなかった。2人で柔道を始めて上京し、弟には夢を見させてもらった。弟にとっても夢みたいな人生だったのでは。東京五輪の年に亡くなってしまうなんて…」と早すぎる死を悼んだ。(末継智章、松田達也、平峰麻由)

迫力の柔道輝き続ける

 柔道女子48キロ級で五輪5大会連続メダルの谷亮子さん(福岡市出身で古賀さんと一緒に五輪や世界選手権に出場)「信じられない思いでいっぱいです。亮子、亮子とかわいがってくださり、世界一になるための迫力、闘いざま、柔道と真剣に向き合う姿を間近で見させていただきました。常に柔道界に新しい風を吹かせてくれた古賀先輩。優しい笑顔と迫力ある柔道、数々の思い出は輝き続けています」

PR

社会 アクセスランキング

PR