福岡県知事選告示、新人2氏の一騎打ち コロナ対策争点に

 小川洋前知事の辞職に伴う福岡県知事選が25日、告示された。元福岡市議の星野美恵子氏(70)=共産支持=と、元副知事の服部誠太郎氏(66)=自民、立民、公明、社民推薦=の無所属新人2人が立候補を届け出て、一騎打ちの構図が決まった。新型コロナウイルス対策や、小川県政の継承か刷新かが主な争点になりそうだ。4月11日に投開票される。

 選挙戦は、感染収束が見通せないコロナ対策が焦点となる。県内では1月に2度目の緊急事態宣言が発出された。2月末で解除されたが、病床使用率が低下せずに、県は飲食店への営業時間短縮要請を2度にわたり延長した。医療提供体制の強化や経済対策を巡り論戦が展開される。

 小川氏の下で副知事を約9年間務めた服部氏は小川県政の継承、星野氏は刷新を掲げており、小川県政の評価も問われる。

 この日は両氏とも福岡市で第一声。星野氏は「命と暮らしを守るためコロナ対策を最優先する。ジェンダー平等の推進や社会保障の充実で誰ひとり取り残さない県政を目指す」と訴えた。共産党が支持するほか、市民団体などにも幅広く支援を求めている。同県知事選で初めての女性候補で、女性票の取り込みも狙う。

 服部氏は「県政に停滞や混乱を生じさせることは許されない。小川県政のバトンを受け継いでコロナ危機を乗り越え、安心して生活できる社会を取り戻す」と主張した。自民党や立憲民主党、公明党などが相乗りで支援。連合福岡や県農政連など各種団体の推薦も得ており、組織力を生かして浸透を図る。

 小川氏は、肺腺がんの治療長期化で24日に辞職。3期目の任期途中での退任で知事選は2019年4月以来、2年ぶりとなる。

 有権者数は424万33人(24日現在、県選管調べ)。 (黒石規之、御厨尚陽、華山哲幸)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR