渋井さんと僕【光石研さん連載42】

連載:As time goes ばい!

 ええカッコしいの父親の影響か、服好きの母親の影響か、僕はわりと幼い頃から着るものにこだわりがあった気がする。夏休み、家の近所ではランニングシャツで過ごすけど、商店街や駅前のデパートに行く時は、どうにもそれじゃ居心地が悪く、襟付きに着替えて行った。

 中学1年生の頃、通ってた塾にお...

残り 707文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR