恐怖と絶望…実態知って DV被害者が動画チャンネル

 虐待やドメスティックバイオレンス(DV)の被害者を支援するNPO法人「アコア」(福岡市)は今月、動画投稿サイトユーチューブ」に「エンパワーチャンネル」を開設した。出演するのは当事者の女性7人。暴力がもたらす恐怖や無力感、絶望。心と体に受けた傷は深く、容易に癒えない。それでも被害の実態を知らせるため、1人で苦しむ誰かの手を握りエンパワー(力づける)するため、彼女たちは声を上げた。

 「殴られてぼうぜんとしていると『笑いなさい』と怒鳴られた」。福岡県に住むみゆきさん(仮名・30代)は幼少から20代半ばまで父親に虐待された。夕食を与えられず深夜まで怒鳴られる。理由は分からない。母も父...

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR