明豊2年ぶり8強 米田友が先制弾、代打竹下は決勝打 選抜高校野球

 甲子園の強い「浜風」にも負けず、明豊の3番米田友の打球は右中間席へと吸い込まれていった。「うれしかった。今までに、味わったことがないうれしさです」

 四回無死。市和歌山の先発・米田天の直球を捉えた先制本塁打は、甲子園春夏通算2500本塁打というメモリアル弾となった。川崎監督は相手先発を1回戦の県岐阜商戦で完封した大会屈指の右腕小園と想定。「鍵は左打者。ただ、小園君を一度の対戦で捉えることは難しい」と2巡目以降の対戦をにらみ、7番までに6人の左打者を並べ、1回戦の東播磨(兵庫)戦では4番だった米田友も3番に“昇格”。相手投手こそ違っても、打順変更が功を奏した形となっての先制弾だった。

 米田友にとってこの日の本塁打は、高校通算4本目。長打力が売り物のタイプではなく、広い甲子園でも初の一発だった。米田友は選手同士の推薦で選ばれた「寮長」を務める。合宿所の清掃状況を見回り、消灯を確認。甲子園の遠征前にはブレーカーを落とし、施錠してきた。川崎監督は「きっちりと生活ができるからこそ技術も上がってくる。そういう“見えない力”を信じている選手が活躍するんだと、僕も改めて思いました」と感心しきりだった。

 同点に追い付かれたが、七回に2番手で登板した小園から代打の竹下が左前適時打で勝ち越し、2年ぶりの8強進出を決めた。「小園君を攻略できたかは分からないですけど、1点を何とか絞り出して、いい投手に勝つ。それが甲子園で勝つことですから」と川崎監督。明豊が勢いづいてきたようだ。 (喜瀬雅則)

関連記事

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR