「個別事案」が大事ですから

 先日、国会審議のニュースを見ていたら「NTT社長と会食したことがあるか」と質問された武田良太総務相が「個別の一つ一つの事案についてはお答えを差し控えます」と、事実上の答弁拒否をしていた。

 武田氏はその上で「国民の皆さまから疑念を招くような会食や会合に応じたことはございません」と付け加えた。翌日の新聞によれば、武田氏はその日少なくとも7回、このフレーズを繰り返したらしい。

 いやあ、この答弁で済むなら国会とは楽なところだ、と私はうらやましくなった。私の知る範囲の一般社会においては、これでは絶対に通らないからだ。...

関連記事

PR

政治 アクセスランキング

PR