与党に失望、保守回帰には抵抗感…漂う韓国民意

 韓国で4月7日に投開票されるソウルと釜山の二大市長選は、2022年3月の次期大統領選の行方も占う。有権者は公正社会の実現を誓った文在寅(ムンジェイン)政権で続く不祥事に失望する一方、旧態依然とした保守系野党の政権復帰にも否定的な声が目立つ。保守系の朴槿恵(パククネ)前大統領の側近による国政介入事件に国民が激怒し、憲政史上初の弾劾罷免に追い込んだ17年の「ろうそく革命」から4年。移ろう民意は行き場を探しあぐねている。 (ソウル池田郷、釜山・金田達依)...

関連記事

PR

国際 アクセスランキング

PR