「筑豊の玄関口」進む再開発 桂川駅一新、都市圏との近さ強みに

 博多と筑豊を結ぶJR福北ゆたか線が走り「筑豊の玄関口」と呼ばれる桂川駅。福岡県桂川町が整備を進めていた駅南北を結ぶ自由通路などの利用が21日から始まった。電車で約30分という福岡都市圏との近さを強みに都市圏や筑豊内からの移住人口増加を目指す町にとって、駅周辺の再開発は長年の課題。住民は駅のリニューアルを...

残り 1338文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR