コロナ禍のうつ症状【教育データコラム】

 新型コロナウイルスは、子どもの心への影響も大きい。国立成育医療研究センター(東京)が昨年11月~12月、小4~高3の計715人にうつ症状の有無を調べた。睡眠や食欲、自傷行為などについて尋ねたところ、小4~小6の15%、中学生の24%、高校生の30%に、中等度以上のうつ症状傾向が見られたという。

 「行きたい場所に行き、会いたい人に会いたい」(小5男児)「早く普通に暮らせるようになりたい」(中2女子)など、コロナに関する記述も目立つ。同センターは「コロナ以前の比較できる調査はないが、うつ症状の傾向が非常に高い」と危ぶむ。

 コロナ禍による失業や収入減が相次ぎ、社会には重苦しい雰囲気が漂っている。そうした空気を敏感に察し、不安を吐き出せない子どももいるかもしれない。親や周囲の大人は、子どものちょっとした変化に気付けるだろうか。注視しないと、見過ごしてしまう。 (久知邦)

関連記事

PR

PR