連日サヨナラ、鷹開幕3連勝 代打川島が逆転打

 ◆ソフトバンク6-5ロッテ(28日、ペイペイドーム)

 敗戦まであと1ストライクの状況まで追い込まれていた。1点を追う九回2死満塁。「バットに当てろと自分に言い聞かせた」。代打川島が益田の外角直球に食らいついた。打球は右翼線に弾み、2走者が生還。ベンチから勢いよく飛び出してきたナインに、ヒーローはもみくちゃにされた。

 「最高過ぎます!」。お立ち台の上でも川島が興奮を隠しきれないほどの劇的な展開だった。1点を追う八回にデスパイネが今季1号の逆転2ラン。だが1点リードの九回に今季初登板の岩崎が2死一塁から痛恨の逆転2ランを浴びていた。

 それでも誰もが下を向かない。「負けたくないというチームメートの集まり」。川島が言うように、それが王者の最大の強みでもある。九回は1死から代打の長谷川が右前打。2死とされても、今宮が二塁打でつないだ。極度の緊張感に包まれた今季初打席で、レギュラーシーズンでは自身初のサヨナラ打を放った。

 「いいチームですね」。ベテランは、感慨に浸った。七回には松田の失策をきっかけに、好投していた和田が勝ち越しを許した。それでも1点を追う八回に、柳田が単打性の打球を果敢な走塁で二塁打として流れを変えた。「マッチ(松田)のことを助けようとなっていた」。そして再度試合をひっくり返されても、一丸の姿勢は松田だけでなく岩崎も助けた。

 工藤監督は「チームとしてこれだけかばい合うことは、なかなかできることじゃない。頼もしい選手たちです」と顔を紅潮させた。指揮官は開幕3連勝という事実以上に、チーム一丸の姿勢に大きな手応えを得ている。 (倉成孝史)

関連記事

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR