明豊が2年ぶり4強進出! 智弁学園に打ち勝つ

 ◆選抜高校野球大会準々決勝 明豊6-4智弁学園(29日、甲子園)

 明豊が打ち勝ち、2年ぶりの4強に進出した。

 初回、幸が先頭打者本塁打で先制。3回は1死二塁から2番阿南が中前適時打、2死二塁から4番黒木が中前への適時二塁打で計2点を加えた。さらに5回にも黒木が右前に2点打と5点のリードを奪った。2点差に追い上げられたが8回2死一、二塁から簑原が右前に落とし、1点を奪って突き放した。

 投手陣は継投で相手の強力打線に対抗。先発の京本が3回無失点。4回から登板した2番手の太田は3回3失点。3番手の財原は1点を失ったものの、逃げ切った。

関連記事

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR