黄砂にかすむ街、運転に注意を 九州北部、30日も広範囲に飛来

 九州北部で29日、黄砂が観測された。福岡市早良区の福岡タワーからは、もやがかかったように市街地がかすんで見えた。福岡管区気象台によると、黄砂の飛来は30日も続き、九州だけでなく北日本にかけて広がる見込みだという。

 今年に入ってからの黄砂の観測は4度目。29日午後3時現在の視程(水平に見渡せる距離)は福岡市中央区で9キロ、佐賀、長崎両市で8キロだった。30日は所によって視程が5キロ未満になる恐れもあり、気象台は屋外での黄砂の付着や視界が悪い中での車の運転などに注意を呼び掛けている。(梅沢平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR