東福岡5年ぶり決勝 東海大大阪仰星に46-17 高校選抜ラグビー

 第22回全国高校選抜ラグビー大会は29日、埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場で準決勝2試合があり、東福岡が東海大大阪仰星に46-17で逆転勝ちし、優勝した2016年以来、5年ぶりに決勝に駒を進めた。2点を追う後半開始早々にWTB遠藤亮真(3年)が逆転トライ。その後は点差を広げた。

 31日の決勝で4連覇(中止となった第21回大会を除く)を狙う桐蔭学園(神奈川)と対戦する。 (学年は新学年)

 狙い通りの展開で東福岡が逆転した。2点を追う後半開始直後だ。自陣からFW陣が縦を突いて防御を中央に引きつけ、手薄となった左サイドをWTB遠藤が駆け上がった。3人をかわし、左中間へ逆転トライ。「みんながいいボールを運んでくれた」と感謝した。

 キックを多用した前半から、後半は自陣からボールをつなぐ作戦に切り替えた。「コンタクトでは勝っている。まずは体を当てようと思っていた」と遠藤。FWのパワー、バックスの展開力がかみ合い、後半のトライ数は6対0と圧倒した。

 東海大大阪仰星とは今冬の全国高校大会準々決勝でロスタイム18分超の末に引き分け、抽選の結果で東福岡が準決勝に進んだ。八尋祥吾主将(3年)は「そこは関係なく、優勝するための1試合として挑んだ」と冷静。FW勝負にこだわり過ぎた反省を生かし、バックスも含めた多彩な攻め手で的を絞らせなかった。

 決勝では桐蔭学園と対戦する。今大会を3連覇中、花園でも2連覇中の強豪ながら、藤田雄一郎監督は「後半のようなラグビーができれば」と手応えを口にする。5年ぶりの頂点へ、難敵に真っ向勝負を挑む。 (伊藤瀬里加)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR