古墳好き高じて「古代フェス」 ものづくり通じロマン伝えたい

シン・フクオカ人 #28

 〈「住めば都」と思えるのは、人との交わりがあってこそなのだろう〉

 考古学なんて、全く興味なかった。まさか自分が、古代愛好家を名乗り「古代フェス」まで主催する日が来るなんて。中村麻衣子(41)は、地元大阪から福岡市に移住してきた頃を振り返る。

 福岡は夫の出身地。学生時代に交際を始め、就職後は大阪と福岡の遠距離恋愛が続いていた。2008年に移住したものの、実は福岡を好きになれずにいた。

 「みんな地元愛が強すぎて『福岡いいとこやろ?』アピールがすごい。何だか逆に引いてしまって」

 そんな時に出合ったのが、うきは市のひのおか古墳だった。古墳の石室をのぞき込むと、色鮮やかな文様に目を奪われた。幾何学模様や魚、馬、船など、「6世紀前半の絵がこんなふうに残っているなんてすごい」。古墳に詳しい友人の話もおもしろく、古代ロマンにすっかり魅了された。

 福岡は九州でも群を抜いて古墳が多く、1万基を超える。九州国立博物館(太宰府市)が発足させた同好会「きゅーはく女子考古部」で学びながら、各地を訪ね歩いた。一緒に楽しむ仲間が増え、気づけば福岡が大好きになっていた。

遺跡や博物館で学んだことを詳細にまとめる中村麻衣子さん

    ◆    ◆

 「古代フェス」は福岡市のギャラリーで2015年に初開催した。考古学イベントは通常、子ども向けや親子参加型が多い。「だから、大人が全力で楽しめるイベントをつくりたかった」

 柱の一つが、九州のはにや古墳などをモチーフにしたグッズを販売する「古代マーケット」だ。地元のハンドメード作家に出品を呼び掛けた。するとここで化学反応が起きた。「古代ファンが集まるのだから、半端な作品は出せない」と、作家たちが考古学を学んで創作するようになったのだ。

 コメを蒸すこしきをイメージしたマグカップ、石室の文様をあしらった手ぬぐい、円筒埴輪の形のペンケース-。知識のある人が見ても納得し、知識がなければ知るきっかけになる。

 「作品を作ることで文化財のストーリーを伝えられる。これも一つの考古学。『ものづくり考古学』なんだと思うんです」

古代フェスに出品されたピアス。これも「ものづくり考古学」の一つ

    ◆    ◆

 フェスでは、学芸員らを招いた対談配信や交流イベントも。元軽音楽部の夫と披露したオリジナル曲「かめかんマンボ」は大好評だった。年に1日限りのイベントだが、毎年200人規模が集う。専門家の間でも知られるようになり、今年1月には大分県の中津市歴史博物館に招かれて、「出張フェス」が実現した。

 福岡市での開催は、新型コロナウイルス禍の状況を踏まえてオンラインに切り替えた。3月の1カ月間、対談配信やグッズ販売を行い、全国からファンが訪れた。昨年始めたウェブサイト「古代press(プレス)」や、音声配信アプリを使った番組「オール古代ニッポン」でも、考古学のおもしろさを伝えている。

 だが、全ては趣味の世界。本業はコワーキングスペース(共同利用型の仕事場)の運営スタッフだ。大阪時代は専門学校で広報を担当した。仕事で培ってきたスキルが、イベント企画や情報発信に役立っている。

 なぜこれほどまで考古学に熱を上げるのか。

 「いま文化財があちこちに残っているのは、地域の人たちが守ってきたから。イベントを通じて知ることで、自分事になる。それが守ることになる」

 発掘や保存、研究だけが考古学ではない。何世紀にもわたり受け継がれてきたものを、自分なりのかたちで守っていきたい。

 =敬称略(山田育代)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR