歌番組で伝説のたんす担ぎ、大川栄策「コツさえ覚えれば簡単」

福岡スタア倶楽部―2002(平成14)年6月29日付 西日本新聞―

 今から20年ほど前。テレビの歌番組で、たんすを軽々と担ぎ上げた雄姿は今も語り草だ。

  1982年8月に発売した「さざんかの宿」が番組に初登場したのは翌年1月。それから出演が続くうちに、テレビ局側から「趣味とか特徴的なことはないですか」と尋ねられた。

  「上京して約2年でデビューしたので趣味など持てませんでした。それで...

残り 1331文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR