【やさしい日本語】外国人(がいこくじん)の 実習生(じっしゅうせい)が「縄跳(なわと)び」で  仲良(なかよ)くなる

縄跳なわとび」はなわを  使つかった  スポーツ(sports)です。

チーム(team)で  たのしむこともできます。

2ふたりが  なわを  って、おおきく  まわします。

ほかの  ひとは、まわっている  なわに  はいって、なわに  さわらないように  びます。

3がつ28にち、  長崎ながさきけん  松浦市まつうらしで、外国人がいこくじんの  実習生じっしゅうせいの  縄跳なわとびの  大会たいかいが  ありました。

会社かいしゃの  ひとたちが、実習じっしゅうせいに  たのしんでもらうために  ひらきました。

7つの  会社かいしゃで  はたらく、ベトナムと  タイと  インドネシアの  36にんが  参加さんかしました。

実習じっしゅうせいたちは、9つの  チームに  かれて、縄跳なわとびをしました。

ベトナムじんの  グエンティ・ホイさんは「みんなで  あせを  かいて  たのしかったです。  松浦まつうらは  ひとが  やさしくて  みやすいです」と  はなしました。

大会たいかいが  わると、  松浦市まつうらしに  むかしから  ある  おどりを  みんなで  たのしみました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR