克服の1年が始まった

1年ぶりに足を運んだ福岡空港国際線ターミナルは、想像以上に閑散としていた。多くの国際線が運休したままで、出入国のフロアは人影まばら。一部の売店も閉まっており、コロナ禍の厳しい現実を改めて目の当たりにした▼1日付で韓国・釜山に駐在する後輩を見送った。あれだけ便利だった日韓の往来も、様子が一変。福岡から...

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR