JR九州出身の副市長就任 鹿児島・伊佐市

 鹿児島県伊佐市の副市長に1日、JR九州出身の前田くにゆき氏(46)が就任した。前田氏は記者会見で「不安はあるが、それ以上にわくわくしている。これまでの経験の全てを伊佐市のために還元したい」と抱負を述べた。任期は2年。

 前田氏は長崎市出身。1998年にJR九州に入社し、JR九州行鹿児島支店副支店長など旅行分野の経験が長い。前田氏は、曽木の滝や芋焼酎の伊佐美、伊佐米など市内の観光名所や特産品を挙げて「伊佐市の観光資源の強み、弱みを整理しながら、外から来た私が新しい魅力を発掘できたらいい」と語った。

 伊佐市の副市長は1人体制で、2月から空席だった。橋本欣也市長が交流人口や観光客の増加につなげようと、JR九州側に人選を依頼。3月議会で人事案が可決された。(片岡寛)

関連記事

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR