「福聚桜」新品種認定へ 篠栗・呑山観音寺の樹齢100年

 篠栗四国八十八カ所霊場第十六番札所の呑山(のみやま)観音寺(村上了海住職、篠栗町萩尾)の境内にある樹齢約100年の桜が、公益財団法人「日本花の会」(東京)から新品種に認定されることになった。既存品種との形態比較調査などを重ねてきた花の会は、ヤマザクラとオオシマザクラの雑種の新品種としている。同寺は観世音菩薩(ぼさつ)の功徳を広大な海に例えた言葉から「福聚(ふくじゅ)桜」と命名した。

...

残り 305文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR