武田、粘投実らず黒星 七回途中まで1失点

 武田が今季初先発で粘りの投球を見せた。初回先頭からの3連打で1点を先制されたが、七回途中まで1失点で踏ん張った。「状態はあまり良くなかった。結果は1失点ですが、反省点は多い」と自己評価は辛かった。昨季は2勝にとどまり、プロ10年目での復活を目指す右腕の投球を、工藤監督は「カーブは回を追うごとに良くなっていった。真っすぐも、見た感じよりもスピードがあった」と評価した。

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR