博多発展の影に禅僧往来 日本中世史研究の九大・伊藤教授が著書

 九州大の伊藤幸司教授(51)=日本中世史=が「中世の博多とアジア」(勉誠出版)を出版した。先行研究を基に遺跡の発掘成果や海外を含む文献を詳細に調べ、新たな視点も加えて貿易港・博多の都市像を俯瞰(ふかん)的にとらえた。

 伊藤教授は、禅宗など宗教勢力が博多発展の核となったとみる。主に山間部に寺院が建...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR