おかえり明豊ナイン「夏にもう一度勝負」

 第93回選抜高校野球大会で準優勝した明豊の選手らが2日、地元大分県別府市の同校に到着し、関係者約300人に「悔しさを晴らすには優勝するしかない」と力強く誓った。

 同日午後6時すぎ、正門前に選手たちが姿を現すと、出迎えた教職員や保護者、生徒たちから拍手が湧き起こった。

 川崎絢平監督は「皆さんの温かい声援が力になった」と感謝。「宿題を与えられた。もう一度、一からどれだけ積み上げられるかが勝負」と夏の大会に向けたチームづくりに意欲を示した。幸修也主将(3年)は「全員満足していないと思う。夏に甲子園に戻って大きな目標を成し遂げたい」と力を込めた。

 岩武茂代校長は「皆さんの流した悔し涙は誰もが流せる涙ではない。真剣に頑張って、日本一を手に入れてください」と期待を寄せた。 (井中恵仁)

関連記事

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR