バレー大分三好関係者  1人が変異株感染疑い 新型コロナ 

 大分県などは2日、新たに大分市の20代医療スタッフ男性が新型コロナウイルスに感染し、変異株の疑いがあると発表した。男性は県内の医療機関に勤めており、バレーボールのVリーグ男子1部「大分三好ヴァイセアドラー」(同市)の関係者という。

 同市やチームなどによると、変異株を見つけるスクリーニング検査で陽性となった。経路は不明。選手やスタッフら計23人の濃厚接触者の検査を進めている。

 陽性者判明を受け、3、4日に千葉県船橋市で開催予定だった2部2位のヴォレアス北海道との入れ替え戦は中止となった。チーム練習も当面の間、中止するという。 (吉村次郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR