いとうせいこう著『福島モノローグ』 自らの言葉消し受け止めた声

 2013年に『想像ラジオ』を書いた著者が、今度は自らの言葉を消し「東北の声」を受け止める。

 語るのは、震災を境に生活が一変してしまった女性たち。夜のコンビニで働きながら、福島県大熊町の帰還困難区域で牛を放牧し続ける女性は、「私はとにかくただ牛を生かしたいコンビニ店員です」と言う。しかしその場所に...

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR