鷹5連敗中、千賀が脱出へ全力 きょうハム戦、今季初登板

 福岡ソフトバンクの千賀滉大投手(28)が6日、日本ハム戦(札幌ドーム)で今季初登板する。両ふくらはぎのコンディションが悪く出遅れたエースの復帰登板に、チームの5連敗からの脱出が託される。

 札幌市内の屋内練習施設で汗を流す5日の千賀の表情は明るかった。開幕から9試合。チームは4連勝でスタートダッシュを切ったが、その後まさかの5連敗。借金を抱えた状態で、今季初登板が巡ってくることになった。

 「連敗では回ってくるなと思っていたけど、回ってきてしまったので。僕が今やれることを最大限やりたいと思いますし、それなりのピッチングをしてチームの流れが変わるのがベストだと思う」

 昨季の投手3冠右腕であっても「連敗だけは…」と本音をのぞかせたが、期待されているパフォーマンスは理解している。森山投手コーチも「無制限が最低条件だったので、そのつもりで投げてもらう。120球でも130球でも投げられる状態で来ている」と復活のマウンドにエースを送り出す。

 右腕はそのマウンドと好相性の実感がある。札幌ドームで通算8勝1敗。「マウンドがすごく高く(感じ)て投げやすい」という。「なんとか千賀が点を与えず試合をつくってくれれば」との森山コーチの言葉がチームの願い。エースは「自分としての第1戦なので流れをつかみたい」と意気込む。 (鎌田真一郎)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR