「いっそAIに」という願望

 同居の息子が熱を出し、PCR検査の結果が出るまで私も自宅待機を命じられた日。長崎市出身のノーベル文学賞作家カズオ・イシグロ氏の新作「クララとお日さま」を読んだ。人工知能(AI)を搭載した友達用ロボット「クララ」が主人公の物語。

 クララは純粋だ。友達のため自身を犠牲にする。一方の人間側は遺伝子操作...

残り 247文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR