福岡で14人感染 大分では新たに変異株疑い

 福岡県では5日、新たに14人の新型コロナウイルス感染が確認された。発表自治体の内訳は福岡市8人、北九州市2人、久留米市2人、県2人。変異株感染の疑いがあった1人について確定検査で英国型だったと確認した。県内の変異株確認はすべて英国型で、計8人となった。

 大分県では、変異株の疑いがある男性1人の感染を発表した。男性はバレーボールのVリーグ男子1部「大分三好ヴァイセアドラー」の関係者。3月に公式戦で大阪府を訪れていた。

 そのほか九州では鹿児島県で8人、佐賀県で5人、熊本、宮崎両県で1人ずつの感染が確認された。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR