動物公園の餌「地元産」に 農業高が挑戦、農家の収入アップも

 九州自然動物公園アフリカンサファリ(大分県宇佐市)の草食動物の主食となる牧草を県内で育てる取り組みが始まった。久住高原農業高(竹田市)が授業の一環で試験栽培。生産に関する課題を調べ、収穫分を無償で届ける。間を取り持った九州農政局県拠点(大分市)は、得られた栽培のノウハウを将来的に地元農家に伝えることで、...

関連記事

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR