本当にご苦労さま 山本富美江

 夜勤明けの娘が帰ってきた。「ただ今」と小さい声でつぶやくと、昨夕もたせたお弁当の空を台所に置き、シャワーを浴びてベッドにもぐりこむ。

 娘が念願の看護師になり、病院に就職して1年。大学の卒業式が中止になったことも、友人との卒業行に行けなかったことも、長期休暇をもらっても1週間ずっと家にいたことも...

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR