移住を食い止めろ!?佐賀市「なんもな課」

 佐賀市の魅力を発信して首都圏からの移住促進につなげようと、同市はプロモーション動画「佐賀市なんもな課」の公開を始めた。1本約1分30秒前後で、4本を公開中。市プロモーション室サイトや、動画投稿サイトユーチューブ」の市公式アカウントから見られる。

 動画は、佐賀市のいいところを現在の市民だけで享受しようとする架空の部署「なんもな課」が、市の魅力が知れ渡るのを防ごうとするオムニバス形式。福岡市内まで電車で約40分などの利便の良さや佐賀牛などの豊かな食、充実した移住支援制度や子育て環境などを紹介している。

 新型コロナウイルスの感染拡大で地方移住への関心が高まっていることから、10代後半から30代前半の子育て世代を主なターゲットとして制作。首都圏の大型ビジョンでも1週間放映するなどした。総事業費は約1千万円。

 シティプロモーション室の江頭和恵室長は「佐賀の人は『なんもなか』と言いがちだが、地元にはこれだけの魅力があると知ってもらい、外に宣伝していってほしい」と話している。

(米村勇飛)

 

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR