野武士泣かせた死刑囚

 故豊田泰光さんが黄金期の西鉄ライオンズで2番を打っていた20代の頃、福岡市早良区の早良口に住んでいた。近くの藤崎には移転前の福岡刑務所があった。その所長が訪ねてきて「死刑囚たちがどうしても会いたいと言うんです」と頼んだのには、気の強い豊田さんも、えっと驚いた。

 「それは俺の方が会いたくないよと断...

関連記事

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR